スタッフ紹介

スタッフ紹介

店長・フレームビルダー – 松永 かずはる      [ Kazuharu Matsunaga ]

店長・フレームビルダー - 松永 かずはる

1961年 横浜生まれ
ショップオーナー&店長&フレームビルダー&そうじ係。

10代前半から自転車遊びにめざめて、房総半島一周、本州横断などのツーリング三昧の後、10代半ばからはロードレースにのめり込み、最後の3年は当時日本トップクラスの実業チームで活動するが、成績が伸びずに選手の道は 21才で断念。
その後、小さい頃から憧れていた職人になりたいと、自分の生業としてフレームビルダーの道を選ぶ。
東京のアマンダスポーツ 千葉洋三氏の門をたたきフレームつくりの教えを請う。
23才の時アメリカでフレーム製作をしようと渡米。
フィラデルフィアからロサンジェルスまでをバスで横断しながらフレームビルダーを訪ねて歩く。
帰国後もアマンダスポーツでビルダーとして勤めたあと、91年イタリアのフレーム製作所に正規の就労ビザを取り渡伊して、フレーム製作アドバイザーとして働きながら自らの腕も磨く。
ミラノショーに共同製作品を発表したあと帰国して92年よりサイクルショップ・チームリマサンズの店長&フレームビルダーとしてとして(有)リマサンズに勤務。
2001年独立して、”スポーツバイク つくば マツナガ”をつくば市に設立。

職人マツナガ通信

ショップスタッフ – もり みちこ      [ Michiko Mori ]

ショップスタッフ - もり みちこ

研究職で鍛えた探求心で、自転車もソフトからハードまで奥深く追求します。
女性ならではのアイデアやアドバイスををフィードバックします。

2005年6月 米国ISNF(International Sports Nutrition Foundation)公認のサプリメントアドバイザー資格を取得。

アドバイザリースタッフ – 藤下 雅裕

雑誌サイクルスポーツでおなじみのフリーランサー。 

豊富な情報をショップへフィードバックしてくれます。

Fujisita-san

2017年11月29日発売  藤下 雅裕 著 八重洲出版 「最新版 ロードバイクのメンテ徹底ガイド」

Fujisita-san book

 

クマさんのバイク専科

ショップスタッフ – 坂間 亮輔(さかま りょうすけ)      [ Ryosuke Sakama ]

ショップスタッフ - 坂間 亮輔(さかま りょうすけ)
1989年静岡県長泉生まれ。
接客、組立、メンテナンス、ゆるふわSRM担当。

大学卒業後、大学院に進学。
たまたま通りかかった自転車屋さんに入りBianchiのROMA2に一目ぼれしました。凝り性であるボクはスポーツ車の購入を考え調べていくうちにロードバイクにたどりつき、1ヶ月悩みぬいた末にBianchiのVir Nirone7を購入、自転車生活を開始しました。
2013年10月、自転車業界に入ることを決意し、大学院を中退。
2014年4月に東京サイクルデザイン専門学校に入学し、自転車のメンテナンスとフレーム製造などを勉強。
入学当初、メンテナンスを学び整備士としての仕事を探す予定が、友人から受けたフルオーダーのクロモリロードバイク製作をきっかけにフレームビルディングの楽しさと難しさを知りました。
2016年12月、フレーム工房のある自転車店であるSBTMを知り、門をたたきました。
実業団等、レース経験はありませんがロングライドやヒルクライムで得られる達成感が心地良く、走ることは大好きです。
愛車はTIME ’17 scylon、Bianchi ’12 Via Nirone7 Aluと自作のクロモリミニベロです。他、自作のクロモリロードレーサーとクロモリフルリジッドMTBのフレームがありますが倉庫で寝かせていますzzZ
2017106215751.jpg

ショップスタッフ – 加藤 佑太(かとう ゆうた)     [ Yuuta Katou ]

1997年茨城県牛久市出身
接客、組立、メンテナンス、お掃除担当

高校入学を機に自転車通学をする為にスポーツバイクを購入しました。
はじめは通学を少しでも楽にしたいからというだけの理由だったので自転車にハマることは無いだろうと思っていました。
しかし自分がスポーツバイクに乗り始めたことをきっかけに周りの友人たちもロードバイクやクロスバイクに乗り始め自転車仲間が増えていき、一緒にロングライドへ行ったりエンデューロレースなどのアマチュアレースに出始めるようになり自転車の楽しさに心が惹かれていきました。
高校卒業後は大学進学を目指していましたが、東京サイクルデザイン専門学校という自転車の専門学校があることを知り、大学進学を辞め自転車業界を目指し始めました。
専門学校では自転車のメンテナンスのことはもちろん、フレームの設計、製造などを学びました。
そこで自転車の奥深さや難しさを知り、さらに自転車にのめり込んでいきました。
専門学校卒業後は自転車の乗りやすい環境でもあった地元茨城での就職を考え、フレーム製作も行っているSBTMを知り、門を叩きました。
エンデューロレースのようなみんなでわいわいと楽しむことが出来るイベントやロングライドが大好きです。
SCOTT’13 FOIL15、FELT’13 F95に乗っています。他にも専門学校時代に作ったフレームが組まれていない状態で部屋に飾ってあります。