ホーム>職人マツナガ通信>2003年9月

2003年9月

2003年 9月30日

お店の期末が今日なので、本来なら今日は営業して、明日の定休日に棚卸し決算をすればいいのですが、明日は先週に引き続き、メーカーの展示会にいかなればならいので、今日、臨時休業して棚卸しをしました。
 
棚卸しというのは、お店にある在庫品をすべて、あらいざらいしらべるのです。
税務署によると、この在庫全てが財産になるとか。
財産がたくさんあることはウレシイことだけど、財産には税金がかかってくるとのことだから、持っているのがウレシイんだか哀しいんだかよくわからない。
 
まあ、とにかく、朝から、スーさんとバイクくんとで、お店をひっくり返してねじ一本まで数えました。
 
フ~。
 
でもって、ようやく数え終わったら、こんどはそれをコンピューターへインプット。
4ケタ位は品種があるので、これまた大変。
さすがに、これまでは終了できずに、今日は試合終了、残りは後日に。
 
明日は、また、展示会でトーキョーへ。
先週よりは少し楽で、4社、フ~。
 

2003年 9月29日

昨日の帰り際に、スーさんが、体調悪いなら明日はゆっくりでてきなよ、お店はあけておくから。
とたのもくやさしいおことば。
 
それならばと、今朝は、ボチボチねていたら、携帯電話にスーさんからのメールが。
 
「ゴメンナサイ、カギお店に忘れた」
 
そうだよな、そうなんだよな、いつもそうなんだよな、俺のジンセーって。

2003年 9月28日

やはり、ちょっと熱が出ていたようで、朝の目覚めは最悪。
こんな感じなので、SRMはスーさんにまかせて、今日はボクはお休み。
秋のキモチのいい一日、みなさん集まったようです。
 
この月末は、お店の決算や04モデルの発注期限などで、たふた。
熱のせいもあったのでしょうが、今朝は夢の中にも、何が一台、いや二台などと、発注におわれてました。
こんなんで、月が変わるまで、製作シゴトもちょっと、中断。
これも落ち着かない要因のひとつかな。
 
この週末、ハワイのセンチュリーランがおこなわれていて、ショボちゃんタシロくんも、ブリヂストン主催のツアーの、ツアコンをやっているはず。
ぼくが、ワイハのバケーションいいじゃないと言ったら、
「なにいってんですか、シーズンの途中ですよ!」
と怒られてしまった。
 
そりゃ、そーだよな。
まだ、ジャパンカップも沖縄もあるのに、コンディションを崩すようなことは、したくないよな、選手なら。
でも、これもおシゴト、プロの道はきびしい。
 
イマワノさんも参加しているはず。
お土産話がたのしみ。
オッと、そういえば、困っちゃんもいっているんだ。

2003年 9月27日

今日はちょっと、疲れが出たようで、カラダが熱っぽい。
こういう日はさっさと帰って、何も考えずに、寝る、寝る、寝る。

2003年 9月25日

今日もやることにおわれてバタバタ。

ちょっと駆け足でお知らせ。
 
忌野清志朗さんデザイン、ブーアジャージ、本日再入荷しました。
と同時に、忌野清志郎さんデザイン、バイクボトルがも入荷しました。(¥1,000)
20030925.jpg
20030925-2.jpg

すべて、イマワノさんのご厚意でまわしてもらったものです。

数に限りがありますのでお早めに!
 
今コンビニにならんでいる、”TV BROS”に、マツナガがイマワノさんとツーショットでのってます。
しかし、しかし、なぜ、なぜ、いつもこういうときのショットの目は、腐った鯖の目、のようなどんよりした目なの。
キラキラ光る王子様の目とはいわないまでも、もう少しまともな目で登場したい。
 
9月のサイクリングキャンプが終わったと思ったら、もうの10月サイクリングキャンプ。
いそいで要項をつくりました。
 
今度のテーマは、
”ロングライド”
です。
いかに、楽に長く乗れるか。てなことがテーマです。
興味のある方は、是非ご参加を!

 

2003年 9月24日

 

20030924.jpg

フ~、行ってきました、トーキョー23区、問屋巡りの旅。

朝9時池袋から始まり、6社見終わった時はすでに8時に・・・・。
さすがにクタクタに。
この度のお話は後日に。
 
困っちゃんからプレゼントされた、マニア垂涎の一品。
ツールドフランス100周年記念銀貨

 

20030924-2.jpg

テキホィールとバイクを、ルーフの上に積んだ、マヴィックのイエローカー。

結構いけてます。
 
ホィールをつけるのには、ちょっとコツがいりました。
 

 

2003年 9月23日

すがすがしい秋の空。
キモチのいい一日でしたね。
 
やってきました、チームブリヂストンアンカーメカニック困っちゃんこと小松くん。
 
フランスから帰り、今週はハワイのセンチュリーラン、次の週は、イベントで沖縄、その次の週はジャパンカップ、と超忙しいスケジュールをぬってやてきてくれた。
 
事は大変ウレシイが、貴重な休日、つくばの自転車屋なんかですごしていいかい!
年頃のオトコの子なら、もっと他にするこあるやないかい!
フランスから、貴重なツールドフランス百周年記念銀貨を、お土産に持ってきてくれました。
 
困っちゃん曰く、
「これ、手に入れるの滅茶苦茶大変なんですよ、地元の銀行に申し込んで、一週間かかるんですから!日本じゃ絶対手に入りませんよ!」
とあつく、鼻息荒く語ってくれてた。
困っちゃんのマシンガントークは健在だ。
この銀貨の画像近々お届けします。
 
さすが自転車マニア困っちゃん。
ホームページにのせたばかりの、マヴィックのミニチュアカーを早速買うためにもやってきた。
なんでも、フランスでももう手に入らないらしい。
 
このミニチュアカー、お店の展示用に一台組み立ててみましたが、なかなかのすぐれモノ。
ホィールもバイクもちゃんと屋根に積めるのです。
これも画像を撮ったのですが、家に持ち帰るのを忘れてしまったので、後日アップします。
 
明日は定休日ですが、怒濤のメーカー六社滅多切り(?)です。
04モデルの発表会が同じ日に6社あり、これを全て一日でまわる予定です。
トーキョーの北側に朝の9時にはついていなければならないので、つくばを朝一番に発たなければならない。
 
あ~あ、つらっい。

2003年 9月21日

すごい雨の一日。
 
今回は、フジシタさんとスーさんコンビのサイクリングキャンプin黒姫も、雨の模様。
それでも笹ヶ峰のヒルクライムはやるぞ!という参加者面々だという連絡がはいる。
 
昨日はつくばは雨でしたが黒姫は曇りで、ほぼ予定通りの講習ができたとのこと。
 
さすがのこの天気にお客さんのでもいまいち。
こういうときは、普段出来ないシゴトにせいを出すに限る。
 
店内のレイアウトや商品の陳列をみてまわると、忙しさにかまけて、ちょっと荒れている様子。
プライスカードがなかったり、商品の説明カードがなかったり、品切れしている商品があったり、売れ残ってしまっているモノを見過ごしてしまっていたり。
と反省しきり。
 
雨の一日、普段出来ない考え事もまた楽しい。

2003年 9月20日

今日は朝から、タシロくんのイベント打ち合わせで、地元の小学校へ出向く。
 
昨日の予定だと、イベントのためのサイクリングコースを、アンカーの藤野コーチと試走する予定でしたが、朝からの雨でボクの中では、もう足中止。
雨の中自転車乗るなんて、まっぴら、たのしくないもの。
まあ、クルマで試走すればいいやと、自転車を乗る支度をしないでいく。
 
このタシロくんのイベント、彼にかかわるいろいろなヒトの協力で実現できそう。
 
今日は、実行委員会というか、下働き委員会というか、最前線舞台の打ち合わせ。
地元の自転車大好き先生、アサダ監督、藤野コーチ、ショボちゃん、そしてボク。
 
学校へ着くと、30年ぶりくらいに見る職員室での打ち合わせの後、それぞれのパートの、実走コースを試走に。
ボクと藤野コーチは、50kmサイクリングのコースへ。
 
さっき書きましたが、ボクはこんな雨の日に自転車など、さらさら乗る気がないので、クルマで行くことを提言。
藤野コーチは、やる気満々で、雨でも乗れる装備を持ってきたとか。
コースは、SRMでいつもつかっている、クルマ超すくなく、景色絶景、爽快コース。
藤野コーチもかなり気に入ってもらえた模様。
もちろんクルマでいきました。
 
一方、小学生対象の親子サイクリングのコースは、全長10kmのコースを、先生、アサダ監督、ショボちゃんと三人で、雨の中ママチャリで走ったとのこと。
アサダ監督曰く「久しぶりにいいサイクリングした」
ショボちゃん「ママチャリで10kmってきついっすね、
こんなにきつとはしらなかったです」
 
このショボちゃん企画のイベントですが、開催は11月につくば市で、内容は、
 
★親子で楽しめる自転車教室 講師:田代選手、浅田監督
★オリンピック選手とサイクリングしよう
 伴走:藤野コーチ(元オリンピック選手)、マツナガ
 
というものです。
募集はつくば市の広報やつくば市内の小学校で行う予定です。
当HPでもやる予定です、チェックしてください。
 
イベントの打ち合わせの後、アサダ監督の’04の活動についてはなししました。
 
来年は今年よりランクアップした、そして今までにない活動を目指しているようです。
今までの彼の活動をみていると、着実に毎シーズンステップアップをしているように思えます。
 
これって、本人の努力はもちろんなのですが、そういう星をもっているというか、運をもっているというか。
とにかく、やるだけこのことやって、やってきて、壁にぶち当たると、フッとそれを回避できる抜け道ができる。
うまくいくことを、ただ運だといってしまうと大変失礼だが、そういう運をもっていることが、実力のうちでとても大事なこととおもいます。
 
現在進行のプランも決して楽ではないようですが、なんとかうまくいくことをねがってます。
これがうまくいくと本人にとっても、ニッポンのバイシクルレーシングシーンにとっても、大躍進かもしれません。
 
アサダ監督、相変わらずクールなボケかましてました。
アサダ監督ファンのモリちゃんは、ボーっとみとれて、なんだかとてもヨロコンでました。

2003年 9月19日

今日も開店からバタバタのしどおし。
 
そんな慌ただしい中、北海道帰りのショボちゃんタシロくん登場。
明日の朝、例のイベントの打ち合わせをやるとのこと。
それでもって、サイクリングのコースの試走を頼まれる。
ん~、明日はスーさんはサイクリングキャンプでいないし、午前中自転車のって、午後みせをきりもりするのはきつそう。
 
この辺、歳とったな~、とつくづく思う。
でも、このうちあわせのためにアサダ監督も来るとのこと。
久しぶりに会えるのは楽しみだな。