ホーム>職人マツナガ通信>2003年10月

2003年10月

2003年 10月31日

20031031.jpg

今日からトーキョーでサイクルショーがはじまり、商談のため、朝一番でつくばを発ちました。

月末、週末というので、いつもの高速バスはさけて、電車でいってきました。
 
久しぶりの、通勤ラッシュ体験。
駆け足でショー会場をまわり、トンボ帰りして、夕方から開店。
まってましたとばかりに、お客さん。
閉店後は、日付がかわるまで月末の事務処理シゴト。
ヒトのアタマ見過ぎてクーラクラ。
サイクルショーのことは後日に。
 
タシロくんのファンの方から、ジャパンカップの画像をいただきました。
 
この顔なら、しょぼくないぞ!

 

2003年 10月30日

在庫切れしてしまったカーボンチューブの発注作業をしました。
 
ボクが使っているチューブは、すべてオーダーメードで、使用する炭素繊維のつよさ、炭素繊維の巻き方、肉厚、などすべて設定できます。
カーボンチューブは、正確に言うと、炭素繊維強化プラスチックチューブとなり、(CFRP)細い炭素繊維を、プラスチック(エポキシ樹脂)で筒状にかためたものです。
ですから、アルミやクロモリなどと違い、強さも設計できる素材なのです。
 
一口にカーボンといっても、へニャへニャなものあれば、ギンギンにつよいものもあるのです。
 
ただ、このチューブ入手するのが大変です。
ましてや、ボクのところのような超弱小ファクトリーを、相手にしてくれるところは皆無にひとしく、今はなんとか、今までの流れで手に入れることができますが。
たまに、食べ物屋さんが、いい食材が手に入らなくなったから、店をたたんだ、なんて話をききますが、これもあながち他人事のようではないかもしれませんね。
 
明日はサイクルショーへ行くので、開店は午後4時からとなります。
お間違えのないようお気を付け下さい。

2003年 10月28日

20031028.jpg

昨日BSアンカーのタシロくんが来た時に一つお願いをしておきました。

つくばでは定番の、”不動峠”をどれくらいのタイムで登るのかアタックしてほしい。
 
シーズンオフに入る前に、アップも十分して、疲れもなく、言い訳なしの状態で、アタックしてほしい。
知りたいですよね、一流の選手がどれくらいで登るのか。
 
たかだか4kmの登りなので、それで、200km近い距離を走るロードレースの実力をみることは、どだい無理なはなしですが。
まあ、話の種にみんなを楽しませて下さい。
 
ちなみに、タシロくんにいわせると、不動峠はすべてアウター(53t)で登る程度の坂だそうです・・・・・。
タイムがわかり次第、この通信に書きますから、お楽しみに。
 
今日フリーライター&カメラマンのアヤノ氏から、怪男児福島コ~ジくんが乗るPRIJECT M 号の画像を頂きました。
ジャパンカップの会場で取材がらみで、とっていただいたものだそうです。
 
ウ~ん、なかなかカッコいいですね(自転車だけだと)。
 
コ~ジくんジャパンカップでの奮戦が彼のページ、”ゴーインナマイウェイ”でてます。
浪花節がお好きな方はのぞいてみてください。

 

2003年 10月27日

ブリヂストンアンカーのショボちゃんタシロくんがお店にやってきました。
あまり疲れたようには見えず元気そうでした。
(この後家に帰って爆睡したそうですが)
 
早速昨日のレースの事きいてみました。
ヨーロッパ勢のものすごい篩いにによって最終回には、11名になった先頭集団。
その中には、同チームの選手も複数いて、誰がいってもおかしくない状況であったのでチームメートが集団にいないタシロ選手は、すべてのアタックに反応していたそうです。
なんとしても、上位にいくことしかアタマになかったようです。
結局、反応したアタックは全て決まらず、最後にはたまらず力尽き、集団から離れてしまったそうです。
 
以前アサダ監督とレースや選手の事を話した時、
依然として日本のロードレースを取り巻く状況がよくないと言う監督に、
実力があれば自然とお金もついてくるじゃないの、
他のスポーツだって世界で戦えなければ食えないじゃないの、と言ったら、
タシロ、福島晋一選手レベルでしたら、ヨーロッパでも十分食えるレベルにあります、だから、もうすぐにでも彼らの実力にみあった、環境をつくってあげなければいけない段階なんですと、
と言われました。
 
今回の結果をみると、順位そのものは別として、内容的には、アサダ監督が言ったことが納得できる気がします。
彼らの実力が見れる場がもっともっと欲しいですね。
 
ショボちゃんタシロくんとはもう長いつき合いで、彼が自転車レースを始めた頃方のつき合いになります。
自分の中では、当たり前に知っている事と思っていたことなんですが、改めて思い返すと明確な回答が出てこないことがありました。
それを、今日、やっと聞くことが出来ました。
 
”なんで自転車レースでメシを食おうとおもったか”です。
 
彼がレースをやりたいといってきた時、大学4年生の秋で、普通ならもう就職が決まっている時期でした。
彼曰く、自転車でメシをくえるようになりたい、だから求職活動は一切しなかったと。
それが、それまでレースをやっていたならいざ知らず、当時は大学のサイクリングク部に所属して、日本各地をサイクリングしていた程度、レースの実績はゼロ、特別に自転車が好きなようにもみえなかった。
 
さて、回答です。
 
ショボちゃん曰く。
「勘違いの産物です」。
 
なんでも当時、サイクリングにいくと仲間うちでは、坂が結構速かったらしく、また、知り合いの選手なんかと走っても、たまに、坂で選手をまかしてしまったらしいです。
もしかしたら、自分は自転車レースに向いているのでは・・・・。
という思いこみ。
それと、
とにかく、なにかに、思い切りチャレンジしてみたかった、
という若さ故の冒険心。
この二つが重なって、レースに世界に飛び込んだそうです。
 
今になってみると、レースの世界のこと、少しでもしっていたら、こんな苦しい世界きっと飛び込まなかったと思います。
だそうです。
 
知らなかったことが、幸なのか不幸なのか・・・・・・・・。
 
今日、怪男児福島コ~ジくんからも電話がありました。
彼は、最初から逃げに逃げて、レースが本格的に始まった周回には、もう力つきてしまったようです。
でも、見に行ったお客さんが、記録には残らないが記憶に残る選手だ、(なんともったいないお言葉)といってくれるような走りを見せたようです。
宝くじオトコ、今回もはずれだったようです。
明日から、ツールドチャイナに参戦するため、中国に行くと言ってました。

2003年 10月26日

久しぶりにSRMで走りました。
秋晴れのともてキモチのいいなか、不動峠へいきました。
さすがに、今日は宇都宮でジャパンカップがあるせいか、いつもより走っているヒトが少なかったです。
 
夕方、ショボちゃんタシロくんから電話がありました。
ジャパンカップ10位だったそうです。
こういう言い方は好きではないのですが、(おそらく本人がめざしているレベルではないので)日本人では最高位だったそうです。
多分彼なりの走りでの10位と思うので、日本のファンには十分アピール出来たなのではないかとおもいます。
 
明日、お店に来るというので、どんな展開だったのか聞いてみます。
 

2003年 10月25日

この時期、来年のモデルが、完成車、パーツと続々入荷してきます。
今日も、カンパ04やDURA-ACE10s、LOOKフレーム、などが入荷してきてます。
COMMODITYで紹介したいのですが、なかなか間に合わない。
ご来店可能な方はきてみてください。
 
話が前後しますが、今週のお休みに久しぶりにビデオ見ました。
ここのところ、ちょっと感性が乾いてしまっている気がしたので、ここは一発、涙腺ゆるめられるものをと、かなり前から見たいと思っていた、”山の郵便配達”をさがしてかりてきました。
 
中国映画で、かなり前に、少し話題になったもので、見た人はほとんど涙したという事をきいていたものです。
なかなか、見つけられなく、今回ようやくみつかり、かなり期待してみてみました。
 
終わってみると、ん・・・・・・・・・・・・。
涙腺ゆるまず・・・・・・。
 
自分の感性がかなり鈍くなってしまっているのか。
後日もう一度みてみよう。

2003年 10月24日

20031024.jpg

ウッホホーイ、三徹夜で一本フレーム仕上がりました。

お待たせしました、N・Sさん、明日塗装にだします。
 
ここ数日うかなかった気分も、このちょっとした達成感でういてきました。
前にも書いたかもしれませんが、この達成感というのは、快感に通じるらしく、ヒトは快感を追い求める生き物なので、小さな事でもいいので、達成感を感じられる目標をもって生活して、短いスパンで、達成感を味わっていくことが、物事長く継続していくためのコツになるようでうす。
もちろんこれヒトから聞いた話ですが、何となく納得。
 
今週末いよいよジャパンカップ。
ショボちゃんタシロ、感動させてくれる走りを見せてくれ!
福島コ~ジくんは、PROJECT M号ででます。
応援してあげて下さい。
 
画像は、昨日のせた切削作業をする機械、”旋盤”の全体像です。
 
 
この機械も、自分でトーキョーの中古機械屋さん駆け回って、見つけてきたものです。
生まれは、なんと1969年。
70年代の高度成長期をささえてきた強者だったのでしょうね。
もりろん、今でも現役バリバリで働いてくれています。
 
1969年なんて、驚いているけれど、よく考えれば自分より若い・・・・・・。

 

2003年 10月23日

20031023.jpg

ここ2・3日位、カラダもキモチもどうもピリッとしない。

こんな時はたいてい、カラダの方が草臥れていて、それにつられて、思考も草臥れる事ばかりになってしまい、それでまた草臥れてしまうという悪循環してしまうよう。
 
こういう時は、カラダをたっぷり休ませて、あまり入り組んだ思考をせず、カラダを素直に疲れさせてくれることをして、グッスリ眠れるといいのだけれど。
その一環というわけではないのですが、今週はイマワノさん号が終わってから、滞ってしまっている製作シゴトを開始しました。
 
できたら朝5時に起床してシゴトを初めて、午後3時くらいにオシゴトをおえいるという、朝型ニンゲンペースでやってみたいのですが、今のところは、まだ完全夜型。
現在も、後数時間で朝型ニンゲンは起床するだろうという時間。
トホホ、と思いつつ、フレーム作っています。
 
画像は、旋盤という機械で、ラグ用のチューブを削り落として、指定の肉厚に仕上げているところ。
 
 
チューブを加えている円盤状のものが高速で(1分間に千回転位)まわって、それに刃物を近づけていき、まわっているチューブに刃物がさわって削られていきます。
肉厚0.8mmとかという、1mm以下の厚みに仕上げます。

 

2003年 10月19日

20031019.jpg

今日のSRMに、あの怪男児福島コ~ジくんが乱入。

 
来週のジャパンカップ出場するために、先週フランスから帰国。
みんなと走って、一応全日本4位の脚をみせていったらしい。
怪男児ぶりは、相変わらず。
走ったと、SRMの参加者ひとりひとりに、手作りポストカードをサイン入りで配っていた。
 
来週のジャパンカップで怪走がみれるか・・・・。

 

2003年 10月17日

20031017.jpg

ショボちゃんタシロくん登場。

タシロ企画第一弾の内容などを話していく。
 
来週末のジャパンカップに向けてコンディションを、うまくあわせているよう。
 
明日は久しぶりに(?)アサダ監督自ら練習をみてくれるらしい。
画像は、ショボちゃんのめずらしいネクタイ姿。