ホーム>職人マツナガ通信>2005年1月

2005年1月

1月31日

さて、さて、フレーム製作、とばしていきます。
次は体重60kg、用途はホビーレース、
結構剛性は欲しいが、
見た目は昔ながらの細身がお好みのライダー。
まず最初にやる作業は、
継ぎ手になるクロモリのラグ部の切削。
これは旋盤という工作機械を使って、
外側を削ったり、内側を削ったりして、
設計寸法に材料を細切れにしていきます。

ツールドランカウェイ、福島コ~ジ選手の優勝でもりあがっているようですね。
タシロ選手のレポートにもあるように(http://www.sbtm.jp/tashiro/index.htm)、
”明日から世界トップチーム相手にリーダーチームとして走る”
というすごい快挙ですね。
20年近くレースシーンをみてきていますが、
こんなことはじめてと思います。
世界のトップチームをうしろに、
リーダージャージの選手をとりまき、
アンカーチームが集団を引っ張っていく。
きっと鳥肌がたつ光景なんでしょう。
奇しくもアサダ監督インタビューで
http://www.sbtm.jp/asada/index-intv041212.htm)、
スポンサー取りがうまくいかず、
’05の活動にかんして悩んでいることがかかれていますが、
はやくも’06に向けての光がみえだしたんじゃないんでしょうか。
インタビューにもある、
”やめるという選択肢はないですから”
そうなんですね、物事うまかくいかないからといって、
そう簡単におりることはできないことが大半なんですよね。
でも、懲りずに降りずに地道にやっていると、
必ずなにかご褒美はやってくるようですね。

2017923103615.jpg


浅田監督インタビュー (13)
浅田カントクに聞け!

マ: マツナガ
ア: 浅田監督

マ:でも、折角育ててきた選手が強くなって出て行ってしまったらチーム力ダウンに
なってしまうんじゃないの。

ア:でも、もし移るとしたら明らかにレベルの違うチームへ行く訳ですから、
それはいいことと思います。だからそういう選手がでてきたら、できるだけそれがか
なうようにしてやります。

マ:まとめると、’05年に関しては、’04でクリア出来なかった事を為し遂げて
’06年につなげていくとうことなのかな。

ア:’05年の活動を売りにして’06年何とかするということは考えていません。
’06年の活動に関しても、すでにある実績でも足りると思うんです。
かりに’05でTT3のレースで3位以内、または優勝という’04で達成出来なかっ
たことをできたとしても、
結果は変わらないと思うんです。
それよりも、スポンサー取りにたしてい、どうアプローチしていくかということを考
えなくてはいけないんです。
今年の結果をもって来年のことを決めるというのじゃ、遅すぎるんです。

つづく
 

1月30日

今日は先週ほどではないですが、やはりさむい。
日は出ているのですが風がメチャクチャ強い。
典型的なつくばの冬を思わせます。
でもこんな日は、塵もスッキリ晴れてすばらしく景色がくっきり、ハッキリみること
ができるので、
冬の楽しみのひとつでもあるのですが。
今日のSRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)は、初心者の方がいなかった
ので、
ちょっと本格的なLSDトレーニング走法をしてみることに。
でも、ちょっとこれをやるには風が強すぎたようです。

今行われている、ツールドランカウェイ、3ステージで、
何と福島コ~ジ選手が優勝したらしい、
それもスタートから逃げて最後まで一人で走りきったらしい・・・・・
http://www.sbtm.jp/tashiro/index.htm)。
衛星放送でみていたヒトが、いや~感動しましたよ、ともらしてました。
パフォーマンスをみせて人を感動させる、
まさにプロ選手の仕事の力量ですね。
彼のハチャメチャな行動は理解に苦しむが、
職業としてプロ選手の適性は光ものがあるのかもしれませんね。

2017923103415.jpg

浅田監督インタビュー (12)
浅田カントクに聞け!

マ: マツナガ
ア: 浅田監督

ア:’04年の7月の段階で’05年にはTT2にはあがれない(スポンサーがつかな
い)ということがわかりましたから、
じゃ、’05年の選手への目標というか動議付けをどうするか、ということなんです
が、ここ数ヶ月ずっと悩んでいたことなんです。
選手にはなにか光をみせなければモチベーションを持ち続けさせることはできないで
すから。
そこで、現在の体制で’06年にはなんとしてもTT2にあがるということを、マス
コミなどに公式に発表できないか、
ということに取り組んだんですが、それもダメでした。
今まで長期ビジョンがあったからできたということがいえるんですが・・・・・・。

マ:ピンチだね。

ア:でも、やめるという選択肢はないですから、’05年は先シーズンにクリア出来
なかったことをクリアしていこういうことです。
たしかにポイントはとりましたが、高いレベルのレースでのポイントが少ないんです
ね。
また到達高さはある程度いけましたけど、到達した人数、ボリュームがないですか
ら、その辺をクリアするように活動していきます。
あとは個々の選手にそれぞれの動議付けを与えるということです。

マ:選手個々にニンジンをぶら下げるということ。

ア:そうですね。もし強くなって他にいいチームがあれば、もちろん移籍するのは構
わないと考えています。
一番大切なことは選手を強くするということなので、
チームが低下したからといって、選手が弱くなってしまってはダメなんです。

つづく

1月29日

今日はSRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)のメンバーとMTBライド。
ちょっと高いところへ行くと、
まだ雪がのこっているところがちらほらあるんですね。
同行の方と話したのですが、
MTBのほうがロードに比べて、
走っている間よけいなことを一切考えないくてよい、
ということで同意しました。
ロードですとどうしてもクルマの合間をぬわなくてはならなかったり、
人との接触が発生しますが、
MTBは殆ど(今日は誰一人も)人に会うことはなく、
音も風の音以外聞こえないというシチュエーション、
浮世離れ出来ますよね。

本日またちょっとかわったフレームのオーダー
http://www.sbtm.jp/shop/vshop/machine.htm)をもらいました。
メイン3本カーボン&左チェーンステーカーボン+クロモリ合金鋼フレーム。
ガンガン走るオーナーですが、
折角のオーダー、人とは一味違ったモノが欲しいという趣向。
という訳で、左チェーンステーはカーボン、
シートステーと右チェーンステーはクロモリという組み合わせ。
実用的にどうかはさておき、
世界にひとつのオンリーワン、
こういうものあり、かな。

2017923103243.jpg

1月27日

できたで~、Kちゃん。
今日いちにかけて、最終の仕上げをしてピカピカにしました。
どうやらKちゃん、カラーリングでお悩みのよう。
おおいに悩んで下さい、いくらでもまちまっせ、
おまたせしたんだから。

昨日の定休日は、久しぶりに生まれ故郷(といっても車で1時間ちょっとですが)に
かえり、
学生来の友達と会うことが出来ました。
会う切っ掛けは喜ばしい事ではなかったのですが、
久しぶりに会うことができとてもよかったです。
まあ、みんないいおとっつあんになっているのですが、
集まれば、一気にあの頃にもどり、
だれとだれが付き合っていたとか、
だれちゃんはかわいかったとか、
とにかくくだらないバカ話に花が咲き、
久しぶりに腹の底から笑うことができました。
日常がせわしければせわしいほど、
いかに休日をうまく過ごすかがだいじになってきますね。
昨日はちょっといい時間を過ごせた気がします。

2017923103049.jpg

浅田監督インタビュー (11)
"浅田カントクに聞け!

マ:マツナガ
ア:浅田監督
場所はショップ近くのレストランです。

ア:’04年までやってきて、来年’05年にTT2にあがれなければ先がないと
思っているんですよ。
今いる主力の選手は、あまり無理もさせてきていないですし、こき使われてもいない
ですからまだ余力はあると思うんですが、
それでもここ1,2年が限度かなと考えています。肉体的には可能でも、現状が続け
ば続けていかせるモチベーションを持たせることができません。
そのためにも、モチベーションが上げられる組織作りが必要なんです。それをつくる
ためにここ1年半スポンサーどり活動してきましたが、ダメでした。
実際に動いてもらったのは別の人なんですが、自分でやっても同じ結果だったと思い
ます。ボクにはチーム活動もありましたから。
出来なかった理由としては、まだ広告媒体になるほど戦力が到達していないというこ
とだったのですが。
だけど、どこの国をみても自分らで強い選手をそだててチームもつようなっていっ
た、ということはないんですね。
選手はつよくなれば、強いチームへ移っていってしまいますから。強いチームに強い
選手が集まるという図式はかえようがないんです。
ですから、順番としては選手がある程度強くなったら、それなりの体制にしてやる、
チームが発展途上でしたら、枠を先行して作ってやらないとダメだと思うんです。

つづく

1月24日

さて、さて、製作シゴト。
前回のバラバラになっていたラグパートをフレームのカタチにしていきます。
ここの作業では、溶接(精確にいうとロー付け)をして各部をくっつけていきます。
そしてこのあと、カーボンチューブを接着するのです。
ですから、ボクの作るフレームは工法でいうと、
溶接&接着フレームということになりますか。
この両方ができるので、
どんなカタチでも、カーボンチューブをつかったフレームが可能になるのです。

今日は偶然にも二人のオリンピック選手のコンタクトがありました。
一人は、MTBでアテネオリンピックに参加した竹谷選手。
つくばをベースにトレーニングしている彼が、
練習の途中で寄ってくれました。
もう一人は、やはりアテネにロードで参加したショボちゃんこと田代選手
http://www.sbtm.jp/tashiro/index.htm)。
電話で明日、ツールドランカウェイに参加するために出発するとのこと。
今季は仕上がりが大分遅いようで、
ランカウェイはすでに上々に仕上がっている福島(兄)選手のサポートに徹するよう
です。
以前のインタビューで(http://www.sbtm.jp/tashiro/etc/interview.htm)、
毎シーズンが目標がレベルアップしていくのでトレーニング内容も同じモノはありま
せん、
といっていた彼。
今年も今までにない負荷をかけた新しいトレーニングをとりいれてやっているようで
す。
竹谷選手とも話したのですが、
選手のパフォーマンスというのは、
今は非常にも数字で簡単にでてきてしまうんですね、VO2MAXだとか筋力だとか。
それを世界のトップ選手と単純に比較してしまうと、
戦わずして結果がある程度わかってしまう。
じゃあ、やめてしまうかというと、そんなことはない。
自分を徹底的に解析して、
わずかでも可能性のあるところを最大効率でのばしていく。
自分の能力がある程度わかってしまってからの出発、
これはモチベーションをもちつづけるのにかなり大変なことですよね。
これ選手のことに限らず、
シゴトにおきかえても、そっくりそのままいえるとおもうんですが。
どんな小さな事でも自分のなかに、いかに可能性をみつけるか、
そしてその可能性にむけて実行できるか。
その辺りが、選手であれば目標達成のための、
ボクのような凡人であれば毎日を新しい気持ちで、
いききと生活していけるヒントのような気がします。

201792310299.jpg

1月23日

今日のつくばも寒いです。
天気予報によると最高気温3°C!!
この気温で時速30KMで走ると体感気温は-8°C位らしい・・・・・・。
それでも、SRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)の猛者は走る!
今日もテクニック教室をやり、
本日は新メニュー?の板越えがくわわりました。
いろいろなカタチをした板を乗り越えたり、ジャンプしたり、
簡単なようで以外と出来ないんですね。
その後は牛久沼までのLSDサイクリングです。

今日は先日納車したお客さんが、
ペダリング時どうしても両方の膝がアンバランスに開いてしまうということで、
ご来店しました。
クリートの位置を調整したり、サドル高などをいじったりで、
原因を究明していって、ほぼ解消できました。
自転車のエンジンはニンゲンという生き物なので、
こういうところは非常に難しいですね。
こんなノウハウのご提供もSBTMでバイクを購入いただいた方への
SBTMならではのサービスだとおもっています。
不快が解消してメデタシ、メデタシ。

201792310283.jpg

1月21日

さあ、つくりますよ、フレーム。
内装レイアウトがえも一段落して、
とりあえず製作作業環境も大分良くなったのでガンガンいきます。
材料の入荷待ちなどで延び延びになってしまったKちゃん、
気がつけばなんと一年待ちとのこと、
言語道断、ざんね~ん。
体重が70kgちょっと、登録していて、
当面はガンガン走りたいという。
タイプはメイン3本がカーボンチューブ、バックはクロモリ合金鋼という、
ボクのお得意でコストパフォーマンスでは一番おすすめのモデル。
体型、用途から結構剛性のある構成に。
まずはラグ部になる材料を前に、
オーダーシートとにらめっこしつつ、
オーナーの顔を浮かべて(う~、怒ってる・・・・)、
つくるべきものをじっくりアタマにたたきこみます。
クロモリ素材を使う場合は、
肉厚はもちろん、外径もテーパー状(円錐状に先細りしているもの)になっているも
のは、
どの太さの部分を使うかによって剛性が変わってきます。
例えはちょっとちがうかもしれませんが、
サーロインにするか、ロースにするか、
というようにつかう部位を選べます。
今回は、ちょっとポッチャリ系ライダーなので、
いつもより多く太いところをつかってます。
こんな感じでライダーにあわて、
1mm以下、コンマ台の切削作業をしてラグパートをつくりあげます。
出来上がったラグパート、まだ何が何だかわかりませんね。
さあ、Kちゃん、完成間近だよ、カラーを決めてね。
2017923102534.jpg2017923102555.jpg
浅田監督インタビュー (10)
浅田カントクに聞け!

マ: マツナガ
ア: 浅田監督

マ:資金があれば、今すぐ浅田監督のいう、いけるところまではいけるの?

ア:そうですね、資金があったらまず、日本の主立った選手を引っ張ってきます。も
ちろん自分が育てた選手ではないので未知な部分はありますが、集めた選手の半分が
残ってくれればいいと考えてます。今いるアンカーの選手に関してはやってくれる自
信がありますから、それにプラスで、たとえば10人集まって、5人残ってくれれば
かなりの活動が出来ると思います。そのメンバーでそのシーズン活動すれば、いまよ
りも目立った成績を残せますから、次のシーズンへのスポンサー取りも容易になりま
すし、その時点で外国人の強い選手をいれることも出来ると思うんです。

マ:なるほど、そういうビジョンをもってそれにむかって活動してきているわけだけ
ど、まだそこまで届いていないという訳なんだけど、シーズンは待ってくれないよ
ね。それを踏まえた上で来シーズンの目標というのを聞かせてよ。

つづく

1月20日

最近新聞で読んだのですが、
車のナンバーに”つくば”ができるよです。
まえまえから、周りの人とそんな話をしていたので、
まさかほんとうにできるとはビックリ。
はやければ来年くらいには出来るようなことが書いてありました。
ちょっとおしゃれだとおもうんですがね、”つくば”ナンバー。
まあ、そう思うのは地元の依怙贔屓なんでしょうが。

浅田監督インタビュー (9)
"浅田カントクに聞け!

マ:マツナガ
ア:浅田監督
場所はショップ近くのレストランです。

マ:4年前にプロジェクトを組んでそれに向かって活動してきて、
各年度の目標はクリアしてきたけれど、
そのクリアした人数が少なすぎるということだね。
じゃ、そのクリアした人数が少ないということでどんな影響がでるんだろう。

ア:僕はこのプロジェクトを立てた時、日本人だけでいけるところまでいこうとうこ
とを念頭に置いてました。
チーム力を上げるには外国人選手を入れれば簡単なんですが、最初からそういう人間
をおいてしまうと、
まわりがその人間だけにたよってしましい、日本人の選手が成長しなくなってしまう
んですね。

マ:浅田監督の思う、いけるところまで、って具体的にはどんなところなの?

ア:’04でいうと、トレードチームの第二クラス、TT2ということこですね。
具体的には、今の態勢でいいので細部を補強して、年に2億円くらいの活動費を使え
るようなチームです。
僕が考えるには、このレベルまでは、現在の日本人でも十分にいけるという感触を
もっています。

つづく
 

1月18日

本日無事に今回のフレームは塗装やさんへと送り出せました。
今回ちょっとあせったのは、
オーナーが海外からやってきてフレームを持って帰るということなので、
どうしてもその日を外すことが出来ないと言うことがありました。
まあ、こんな理由はなくともちゃんと納期はまもらねばなりませんが・・・・。
製作シゴトは他のことと平行してできないので、
その他の処理事がたまってしまうので、
製作事がはじまるとどうしても帰りがおそくなってしまいます。
今週もよくはたらいた~、
僕にとっては今日は週末なので、ウキウキなのです。
今日は自分にご褒美をあげよう。

1月17日

今回の製作シゴトも佳境をむかえてきました。
バラバラだった材料を組みあわせて、
フレームのカタチとなりました。
この次は、ボトル台座やこまかいとろころ接着補強作業、
そうして最後にピカピカに磨き上げてしあがりとなります。
こうやってフレームのカタチになったところまでくると、
フレームを高々とあげて、ウォーっと雄叫びを発したくなるのは、
なんでなんでしょうかね。
ボクの祖先は農耕民族ではなく、
狩猟民族だったんでしょうかね。

2017923102214.jpg