ホーム>職人マツナガ通信>2005年3月

2005年3月

3月30日

定休日ですが、
月末ということもあり今日もおシゴトを自宅でポチポチ。
こんな時の楽しい時間の過ごし方で、
今はまっているのが、夕日が落ちる時間にビールをもってお風呂にはいること。
今日は風がつよかったので、
塵もとびさりとてもきれいな夕日でした。
こうして、ビールのみながらボーっとしていると、
いろいろなところでみた夕日を思い出して、
しばしアタマの中がワープします。
まっ、忙しいときはこんな楽しみ方もアリですね。

3月29日

今日オーダーフレームのご注文をいただいたのですが、
なんとこのオーナーは今度で3台目。
前の二台がダメになった訳ではなく、
また違ったモノを乗りたいということで注文をくれました。
”タイムやルックも考えたけど、一度オーダーのものに乗ってしまうと、既製のもの
がそれを越えられるのかと考えてしまう”
というウレシイお言葉。
自転車の楽しみ方っていろいろあると思います。
こうやって、時間がかかっても自分だけの一台を持つ楽しみ、
また、ツールのチャンピオン達が乗る自転車と同じモノを乗れる楽しみ。
楽しみ方は人それぞれ、アソビなのですからどれもアリですよね。
ですから、ボクは自転車を機能や性能だけですすめるのではなく、
やはりオーナーが欲しいとおもうものを、
出来る限りご提供できるように心がけてます。
味噌ラーメンが売りのお店にはいっって、
塩ラーメンを食べたいという人だっていますものね。

先週から製作シゴトがストップ、
ではないのですが実作業がすすでません。
ワンちゃんをのせて自転車で引くトレーラーの製作なのですが、
なかなかアイデアがまとまらないのです。
毎日随時考えているのですが。
ん~、この時間が一番たいへん。
 

3月28日

今日おもしろい話が舞い込みました。
忌野清志郎(http://www.sbtm.jp/craft/index-imwn.htm)さんが、
この度環境庁が管轄している団体から
”自転車名人”という称号を授かったそうです。
その表彰式で、この喜びを誰に伝えたいですかというプレスの質問に、
「いや~想定外、ホント想定外でビックリしました、いや~あまりこの喜びって分
かってくれる人いないですよね、
自転車に乗っているヒトかな、ボクのカーボンバイクをつくってくれた松永さんにで
すかね」
と答えたそうです。
ブラックユーモアの好きなイマワノさんらしいいいまわしで、
ロックンロラーとしては、オクニがくれる賞をもうらうなんて照れくさいんでしょう
ね。
ここで、ボクの名前がでてきてのは、
ボクの自転車に対する思いがイマワノさんに伝わっていたのかな、
とちょっとうれしかったです。
でも、イマワノさんのいう自転車乗っているヒトには、
今現在の乗っている量からいったらはほど遠いですですよね。
その点ではとてもハズカしいですね。
もっと乗らなきゃね。

3月27日

今日のSRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)は、MTB組みはうっかり八衛兵
カップに、
ボクらはいつものようにロードサイクリングにいきました。
スタートしたては、ちょっと寒いかなという感じでしたが、
すぐに暖かくなり、なんとも、のどかなサイクリング日和でした。
初参加のかたも、この陽気にさそわれて、
初心者コースでなく、峠にチャレンジ。
あんな長い坂を自転車で登ったんのは、
初めてと楽しんでもらえたようです。
ボクは、途中で分かれて、
一人で道をさがしながら帰ってきました。
今日もほんとに雰囲気のいい道をみつけて、
このまま気の向くままにサイクリングしたい衝動に駆られました。
SRMは安全のためいつも決まったコースを走るようにしていますが、
たまには、路探しサイクリングと題して、
気の向くままに走る日をつくってもみていいかもしれませんね。

3月26日

今日はピラーの補強作業が続きました。
スローピングフレームにカーボンシートピラーを使うと、
突き出し部分が長くなり、
どうしても負担が大きくなってしまうので、
破損の確率が上がってしまいます。
そこで、SBTMでは応力のかかる部分に補強をいれる加工します。
こういうフォローもSBTMで買い物をしてただけるメリットではないでしょうか。
カーボンシートピラーは消耗品とあきらめていたオーナーも、
この加工後は、トラブルなしでニキニキ乗ってます。
でも、これお店にとってはうまみがないことになるのかな。
2017923112911.jpg

3月24日

今日はハブのグリスアップ作業がありました。
最近の完組ホィールは、メーカーによってハブのつくりがまちまちなので、
まずはハブの構造から理解していかないとなりません。
メーカーによっては、モデルによってもつくりが違っていたりして、
結構自転車や泣かせです。
SBTMのレストアは、よくある~コースといういうような、
メンテナンスのセットパックうりはありません。
そのバイク、そのバイクの状態により、
オーナーと話し合いながら、
レストアしていく部分を決めていきます。
その方がお互いにとって無駄なく、
もったいなく無いですから。
ちょっと、話がそれるのですが、最近読んだ本によると、
この、”もったいない” ってことば、
他の国はこれにあたる言葉がないそうです。
この、もったいない、という感覚はニッポン人独特な感性らしいです。
外国のかたで、この言葉をいたく気に入り、
このまま、”もったいない”という発音で使っているそうです。
”もったいない” が世界共通語になる日がくるか。

2017923112713.jpg

3月23日

暑さ寒さも彼岸まで、といわる、
お彼岸明けの今日ですが、しとしと降る雨、
つくばはまだまだちょっと寒いです。
こんな天気ですので、
定休日ですがアクティブに動くのはやめて、
ゆっくりとのんべんだらりと過ごす一日。

昨日、はるばる神奈川から自転車を買いに来てくれました。
もともとボクが神奈川でお店をやっていた頃からのおつき合いのお客様ですが、
いまだにおつき合いをいただいています。
どこでも手に入るものを、わざわざSBTMで買って頂けるというのは、
商売人冥利につきるというものです。
本来なら、ありがとうございました、というのはこちらの言葉なのですが、
同じ言葉をいただける、
こういう商スタイルがボクの理想とするところ
http://www.sbtm.jp/shop/guide.htm)、
こういうおつき合いが、いいシゴトをするチカラになります。
ボクが下手に説明するよりもご本人の声を。

> 今日はありがとうございました
>  また新しいジャンルのバイクを手に入れられ
> どんな楽しみ方が出来るか考えるだけでもいまからドキドキ、ワクワクしていま
す。
> 実際に乗るのがとても楽しみです。
>  いつも夢と希望と元気を与えていただきとても感謝しています
> これからもよろしくお願いします。
 

3月20日

今日のSRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)には、
息子さんと参加された方がいました。
父親として、乗り方をあれこれ教えてあげている図は、
いい光景ですね。
つくばの畑は、今麦がまかれていて、
あの一面黄金色の季節ももう間近です。
 

3月19日

バゴーン、やってもうた。
今日はSRM(http://www.sbtm.jp/lounge/srm.htm)のメンバーが転勤のため、
みんなで送別会の飲み会がり、ボクも生ビールを少々。
帰りの自転車で、Y字路を右へ行くか、左へ行くか、
考えながら交差点にはいり、
酔っぱらっているせいか、考えがまとまらずに、
Y字路の真ん中をすすんでいったら、
突然前輪がとまりカラダが前に飛んだ。
歩道の縁石に乗り上げてました、トホホ・・・。

3月18日

今日はハンドル交換作業。
ドロップバーからブルホーンバー(なつかしい名称)へ。
オーナーはロングライドメインに走られているツーリストで、
ボクのつくったカーボンフレームを乗ってくれている。
通常のハンドル交換だけでしたら、
いつもの計測方法でできますが、
今回のように完全に形状がかわってしまうものには、
秘密兵器登場(?)、バイクサイズ測定器。
これにセットすれば、即物的に組み替えに必要な数字が計測できるスグレものなので
す。
全く形状が違いますので、
100%同じということは不可能ですが、
オーナーの使用状況を考慮しながら、
優先ポジションを決めてセッティングしていきます。
これでかなり違和感なく、乗り換えること出来きます。
この計測器具イタリア製ですが、
さすが、自転車文化の国イタリアですね。

2017923112225.jpg2017923112245.jpg