ホーム>職人マツナガ通信>2015年10月

2015年10月

10月31日

五十肩。
どうもここ2~3週間くらい右肩が痛い。
シャツを着ようと袖に腕を通すときなどメチャクチャ痛い。
特にぶつけたという事もない。
これって、俗に言う五十肩?
と思いネットで調べてみる。
ん~、そうでありそうでも、そうでありそうでなくもあり。
まあ、しばらく様子を見ることに。
それにしても、いろいろな事がでてくる年頃になったなぁ。

10月30日

20151030.jpg

アソス。

ようやくアソスの冬物が入って来ました。
この中にはボクがオーダーしていた分もあります。
膝下のニッカーと、パッドなしのタイツです。
ニッカーは昨シーズン買い逃してしまったものなので、やっとという感じです。
真夏と真冬以外ボクはこのニッカーを多用しています。
今の時期には、膝を冷やさずにちょうどいいですね。
パッドなしのタイツは、ボクは極端な寒がりやなので、
真冬は、ニッカーをはいてその上からタイツをはきます。
ちょっと高価ですが、その価値は十分にあると思います。
カミさんに、「ん~」っと突っ込まれそうですが、
仕事で必要なものだから・・・・・・・・。
ということで。

 

10月29日

20151029.jpg

レストア。

ご近所のSさんのプロジェクトMのレストアです。
2005年のご購入頂いてから、すでに81000km走破!
前回のレストアから8000km乗ってのお持ち込みです。
すでに地球を二周まわっている距離ですね。
登録レーサーではないので、かなり乗られている方と思います。
消耗品もリアディレラーのプリー交換など、
普段あまりお目見えしないパートまで手をいれます。
フレームへたっては来ていると思うのですが、
カーボンは鉄の疲れ強うさは三倍ありますので、
まだ、まだ現役続行でしょう。
何キロまで走れますかね~。

 

10月28日

創立記念日。

子供達の通う学校の創立記念日ということで、学校お休み。
ボクのお休みと合致したので、遊園地にいくことに。
子供達が遊んでいるのを見ているだけではなく、自分も一緒に乗り物にのり遊ぶ。
これも本で読んだのですが、タダ見ているだけだと、大きくなってから、親と一緒に遊んだ記憶にならないらしい。
そんなんで、できるだけ一緒のことをするようにしています。
数少ない一緒のお休み、子供達の記憶に残ったでしょうかね。

10月25日

20151025.jpg
サンデーライドミーティング。
本日の担当で走ってきました。
大分寒くなってきていますね。
でも、今日は走り出すとちょうどいいお天気でした。
ボクの担当は、初心者コースでゆっくり、まったりと走ります。
今回初参加のF女史、ほとんどローバイク初に近いライドでした。
今回は少し坂が多いコースだったので、
ちょっと大変だったようですが、
坂を上りきった時の充実感は味わえて頂けたと思います。
コースもほとんどクルマの通らないコースを選んでいます。
コースはボク自身がプライベートサイクリングで使っているコースでもあります。

参加者の方に、よくこんな道を見つけたね、といわれることがありますが、コース探しもボクの趣味の一つなのです。
いいコースをが見つかると、一人でニキニキしながら走っています。
初心者対象のショートコースですが、時間のない方や自宅から乗ってこられる方にも好評です。
ウィークデーのお仕事でお疲れの、身体と頭をリフレッシュできるようです。

20151025.jpg
今日10月25日は、SBTMのプレオープン記念日です。
14年前の本日、プレオープンをしました。
つくばへやってきて出店準備をしていたのですが、
少しでも早くオープンをということで、
とりあえずのオープンということで始めた日です。
グランドオープンは11月25日です。
十四年長いような短いような、よくわからない心境です。
いつも心がけている、新しい気持ちで一日を始める。
この気持ちを忘れないで、今日が開店日だ、という思いを続けています。
この思いが、マンネリしがちな日々をかえてくれます。
商いは飽きないに通じる、ですね。

10月23日

20151023.jpg

ラミー。

フジシタさんが店舗のお菓子BOX用に買ってきてくれました。
イマワノさんが唯一好んでいたチョコレートです。
お酒が入っていたらからだったのでしょうか。
イマワノさんがつくばへサイクリングに来て一緒に走った時、このチョコレートが好きだということを聞いていたボクのカミさんが、
サイクリングに持っていって、休憩時に、差し上げた時、その場で、ボリボリと食べてくれた、なつかしい思い出があります。
もしかして、あまり食べる気分ではなかったのかもしれませんが、やさしいイマワノさんは、その場で食べてくれました。
このチョコレートを持って、お墓参りに行こうと目論んでいるのですが、なかなか行けずじまい。
必ず行くので待っていて下さい。

 

10月22日

油圧ブレーキ。

 
新規でMTBご購入のAさん、ブレーキを最初から交換ご希望。
20151022.jpg

シマノさんではない油圧ブレーキから、シマノの油圧ブレーキへ。

なんといってもシマノさんへの信頼はあついんですね。
ロードでもディスクブレーキが増えてきているので、
今後このオイルブレーキ扱いは多くなっていくのでしょう。
ずっと昔に、油圧のノーマルキャリパー(ブレーキゴムを使うタイプ)を扱ったことありますが、これはかなりやっかいでした。
ケーブルで事足りるのに、なにもオイルに置き換えることないのに、と泣く泣く作業をした記憶があります。
それに比べると、最近の油圧ディスクブレーキは、
大分扱いやすくなっています。
と思っていたら、スラムが最近この油圧キャリパーブレーキを
復活させているんですね。
油圧ディスクのメリットはわかりますが、油圧キャリパーのメリットってどこにあるのでしょうかね。
ちなみにこの油圧ブレーキのオイル交換って、どのくらいを目安にやったらいいのかをシマノさんに聞いてみたら。
ケーブル引きのブレーキワイヤー交換と同じくらいの頻度でやって欲しいということでした。

10月21日

ライド。

先週のお休みは乗れなかったので、一週間空けてのライドです。
今回は北へ。
少し前にいった、益子街のすぐ下までいくコースをもう一度おさらいしながらのサイクリング。
20151021.jpg
グーグルマップでコースをおさらいをして、
今回は地図はもっていきません。
天気はちょっと曇り気味ですが、まあまあ。
ただし気温が大分低くなっており、秋晴れライドとはいきません。
いつものように、クルマとはほとんどすれ違わない道を
選んで進みます。
行くコースにコスモスがたくさん咲いて、
そのせいか今日は、山口百恵の「秋桜」が
アタマの中でクルクルまわります。
全行程100km位になるので、
さすがに補給食をもって走っています。
最近はスポーツようかんにこっていて、これ袋から出すときに、
袋を破く必要がなく、とても食べやすくて気に入っています。
どうもボクは、走っている途中で休むというのが苦手で、一人で走る場合は、
ほとんどノンストップで走りきってしまいます。
多分これは、昔練習としてバイクに乗っていたからなのでしょうね。
そのせいか、ラスト10km位からが結構きつく、腰や肩が痛くなったりしてしまいます。
以前はこんなことなかったのになぁ・・・・・・・。
次の目標の120km完走には、まだちょっと無理そうだな。
まあ、本日も満足。
さむ~くなる前の秋のサイクリングを楽しみました。

10月18日

ジャパンカップ。

今年もたくさんの観客を動員して行われたようですね。
新城選手が3位ということで、結構おもしろそうな展開でした。
この大会1990年に日本で行われた世界選手権を記念に、1992年から続いている歴史の長いレースですね。
ボクも何年度かわ忘れてしまいましたが、浅田監督が現役の頃、サポートで参加しました。
その頃は、海外の選手は今みたく本気ではなかなか走らず、顔見せ程度の選手もいました。
今はUCIのポイントともかかり、選手も本気モードで走っているようで、見ていても楽しいでしょうね。
残念ながら店舗をもってから、純粋なレース観戦はしたことがないです。
90年の世界選手権のあった頃は、ボクはアマンダスポーツで仕事をしていて、たしか世界選手権の開催期間を夏休みにあてて、ほとんどの競技をみました。
ロードレースの前日だったか、飛び込みで入った旅館は、工事関係者の長期逗留するような宿で、ちょっとわびしい思いで泊まった思い出があります。
ロードレース当日は、ブーニョやケリー、レモンなど雑誌でしかみたことのない選手の走りをみて興奮しました。
この大会を機に日本のレーシングシーンも変わるかと期待をしたのですが、残念ながらあまり変わらなかったです。
しかし、二十五年後の今、ジャパンカップにこれだけの観客が集まるということは、90年の世界選手権があったからといえるのでしょうね。

10月17日

14-32。

今回の関東東北豪雨の被害にあってしまったIさんから、気分一転の意味も含めてスプロケットの交換を依頼されました。

20151017.jpg
今ついている、11-28Tでは、登りがちょっときつい
ということなので、ロー側は思い切って32Tに。
しかし、この32Tのついているスプロケットの組み合わせは
11-32しかなく。
ご本人曰く11Tトップはほとんど使わない。
なのでトップを14Tでいけないかとうご相談。
14-28Tのカセットスプロケットと、
11-32Tのスプロケットの融合ですね。
これがうまく組み合わせができなそうなことがわかったので、
やってみることに。
しかし、シマノさんの推奨はあくまで組みかえないでとうことなので、作業は自己責任においてということになりますね。