ホーム>職人マツナガ通信>2018年3月

2018年3月

3月30日



ツール・ド・奥の細道 ~忌野清志郎 1000キロの旅~。
2002年の12月に放送された、イマワノさんの松尾芭蕉ゆかりの地を辿る1000km、10日間の自転車旅の番組の再放送の連絡をもらいました。
恥ずかしながら、自分とカミさん(結婚する前)も少し登場しているのです。
藤下さんから連絡をもらい、古河でイマワノさんご一行を待ち伏せして、
一緒に日光まで走るというゲリラ的な行動でした。
藤下さんから指示されたポイントで待っていたのですが、なかなかご一行は現れず、
今日はダメかな、っと思った記憶があります。
その後うまく合流できて、ご一行と日光まで走りました。
当時はボクも、まだそこそこ走れていたようで、
日光への坂が始まる前まで、ずっと先頭を28km/h位のスピードで引き続けました。
他のスタッフにはサイクリストがおらず、一定のペースで走ると楽に走れることが分かったようで、
翌日も一緒に走ろうと誘われましたが、さすがにお店があるので残念ですが丁重におことわりしました。
日光への坂がはじまると、ついに力尽きて、先頭をカミさんにひきつぎ、ちぎれていきました・・・・・・。
かなり暗くなった日光に一人で到着した思い出がよみがえります。
日光の宿では、夕食でイマワノさんの隣の席につけるという、何ともシアワセな経験をしました。
そんな思い出も、もう十年以上前の事になるのですね。
今から再放送が楽しみです!

2018年5月3日(木)午前9:00 ~
2018年5月4日(金)午前0:45 ~   (深夜リピート放送) 
*BSプレミアム『プレミアムカフェ』枠内にて
※好評の場合、アンコール放送を予定しております。
※突発的な報道関連事項等により、延期・中止となる場合があります。
2018331101456.jpg

3月29日

カーボンリム交換。
ライド中不幸にも穴ぼこに落ちてしまったSさん。
軽量カーボンホィールのリムを壊してしまった、それも前後ともに・・・・・・。
フレームの破損であれば、程度によりますが、
カーボンシートを巻いて修理可能なのですが。
リムは、ブレーキシューが当たるので、カーボンシートを巻くことができず、残念ながら修理できません。
致し方なく、リム交換作業となりました。
当店でお買い上げのホィールは、補償としてこういう作業もお引き受けします。
カーボンリム組は、スポーク張力に気をつかいます。
積層がどうなっているのか分からないので、やたらに張りすぎると、ニップルホールを壊してしまいます。
ばらす前に、スポークの張力を調べておきます。
一本、一本、ニップルを緩めてバラしていきます。
ばらせたら、この次は新しいリムに、これまた一本、一本スポークを入れていきます。
作業をしながら、これは、どうやってもオートメーションではできないだろうなぁ、っと考えていました。
メーカーの完組ホィールの製造工程をみてみたいです。
仮組が終わったら、振れ取り台にのせて振れをとっていきます。
この作業はアルミリムと同じですが、馴染みだしだけは違います。
アルミホィールの馴染みだしは、自作のホィール踏み台にホィールをのせて体重をかけてのるのですが、
カーボンリムはその作業はやりません。
手間暇かけて再生しました、Sさん。
気を付けて乗って下さい。
201833095842.jpg20183309590.jpg201833095916.jpg
 

3月27日

コドモ達春休み突入です。
今日は大洗でムスメの習い事の大会があります。
こういう大会は、大抵が土曜日、日曜日なので、
今日はボクにとって貴重な観戦日となります。
ムスメの出番が午後からということで、ボクはバイクでいくことにしました。
場所を調べてみると、いつもライドしている涸沼のすぐ近くです。
これならいつものコースでいけます。
今日もいよいよ暖かくなり、ついに七分パンツになりました!
桜もチラホラ咲き始めて、とても気持ちいい春のライドとなりました。
涸沼には予定通りついて、まだ時間があるので、涸沼一周をしました。
ところどころサイクリングロードと名の付いた道がありますが、
完全に一周あるわけではなかったです。
一周終わった時点でお昼ご飯に。
あらかじめネットで調べていたお店にいきます。
ここはハゼ丼がおいしいとあったので、これを注文。
こういうグルメサイクリングも楽しいのですが、
ボクは食事をしてしまうと、もうすっかりライドする気分ではなくなってしまうので、
今のところは、サイクリング中には、あまり食事をすることがありません。
まあ、これも歳をとると変わっていくのでしょうね。
食事の後、無事大会会場にとうちゃこ。
ムスメの勇姿を観戦できました。

本日の走行距離:78km

201832910238.jpg2018329102320.jpg
 

3月26日

輪行講習会。
昨日、スタッフサカマを講師に輪行講習会を当店で開きました。
この講習会結構好評です。
たしかいに、いざ輪行とうと、なかなか分からないことが出てきます。
スタッフサカマも実際に輪行サイクリングをやっているので、
まさに経験から得た生身の講習会ですね。
ボクが自転車を始めた頃は、電車にバイクをのせるのには、
有料手回り品切符なるものを買わなければなりませんでした。
それも、駅員さんの方でも分かっている人と、分からない人がいて、
切符を買うのにも、いちいち面倒な手続きがいりました。
ちなみにいつから無くなったかを調べてたら、2011年だそうです。
ボクも昔はよく輪行をしました。
輪行用の16インチミニヴェロなんかも、もっていましたっけ。
冬場の練習に、シクロクロスをやていたのですが。
その練習の一環で、結構林道ツーリングもやっていました。
シクロクロスバイクで一般公道をはしるのは、ちょっとつらいので、
林道のとりつき点まで輪行をして、山道を走り、下山したらまた輪行で帰ってくる方法をよく使っていました。
当時は、今みたいなコンパクトな輪行袋がなかったので、
ナイロンの大きな風呂敷包みでバイクを丸ごと包んでいました。
これだと、前後輪をはずして、車体をサンドイッチして、要所をストラップでとめるだけでくるめました。
ボクも、そろそろ輪行旅を復活させたいなぁ。

2018326205411.jpg

3月25日

サンデーライドミーティングで走ってきました!
気温もかなり上がり、ついに春秋用の薄手のジャージと薄手のタイツという装備になりました。
上野では桜が満開ということで、
コースを桜三昧コースにしよと考えていたのですが。
家の近くの桜はまだだし、集まったみなさんに聞いても、つくばは桜はまだだ、
っということで、桜三昧コースはあきらめました。
この時期は、着るものを選ぶのが難しいですね。
本日参加のKさん、昨日走ったら風が冷たく、寒かったということで、
本日はウィンドブレークジャケットとタイツという出で立ちでご参加、少し暑かったようです。
また、Oさんは、薄手のジャージに七分パンツで参加、思ったより風が冷たかったということです。
寒がりのボクは、長袖アンダー一枚に薄手の長袖ジャージ一枚、裏起毛のウィンドブレーク素材でないタイツに、
冬用のヘッドカバー、長指グローブ、ハーフシューズカバーという出で立ちでした。
寒がりのボクにはこれでちょうどよいので、普通の人ではちょっと暑いかもしれませんね。
薄手の長袖ジャージは、着る期間が短いので、買うのはもったいない気がしますが、
あるととても重宝します。
一枚買えば、三年間くらい春、秋着れると思いますので、
暑すぎたり、寒かったりする思いを考えたら、それほど高くないと思います。
後あると便利なのが、ベストですね。
今日もボクは、これでベストを着れば、ベストだったかなっと思いました。

2018326105426.jpg2018326105441.jpg
 

3月24日

通学スペシャル。
春です、新入学や新入社の季節です。
アンカーを駆るAさんの息子さんもこの春から高校生に、そこで通学バイクをご注文。
片道6km位あるので、できるだけ軽快なバイクがいいということで、ジオスクロスバイクを。
もともとクロスバイクは、サイクリング向けなのでこれを通学スペシャルに改造。
フロントカゴ、ダブルセンタースタンド、リアフェンダー、リアキャリア、っと付属品勢揃いです。
もともとこの付属品、ジオス専用品ではないので、すんなりとりつかない。
曲げて、切って、穴開けて、っとすべてに加工が必要でした。
まあ、これも自転車屋さんの腕のひとつか。
A君きをつけて通学して下さい!

201832513851.jpg
 

3月23日

スラムレッドeタップ組換えのIさん納車です。
今回はサドルとバーテープを白に変更です。
一目見て、カッコいいというご感想、えがった。
ボクより先輩のIさん、カッコにもこだわる、この辺りも若さの秘訣か。
Iさんに、変速をしてもらうが、変速速度も全く問題なし。
このスラムレッドeタップ、ボクも使っていますがすごく調子がいいです。
ワイヤレス、電動メカ。
この手の電動部品で、海外物で使い物になったものは、ほとんど無かったので、
このスラムレッドeタップもあまり期待をしていなかったのですが。
二十年前くらいに、マヴィックがリア変速機のみの電動ワイヤレスコンポをだしたんですね。
当時としては画期的でした。
ボクもお客さんから注文を受けて組み付けたのですが・・・・・・・・・。
その動作は、お世辞にもいいとはいえない代物でした。
そんな記憶がよみがえり、あまり期待しないで商品発表会にいったのですが。
現物を見ると結構使えそう、という感じでした。
この商品なにがいいかというと、構造がシンプルということだと思います。
シマノの電動メカのように、自動トリム操作(リア変速機の動きに合わせて、フロント変速機が動く)のような細かい動きはないんです。
とにかく、ワンクリックするとギャが一枚変わるというだけの構造。
ボクも使い始めて一年半経ちますが、トラブル無し、使用感の文句も無し、です。
はじめてです、海外物の電動もので満足がいったのは。

2018324104420.jpg
 

3月22日

21日営業の振替休日でライドです。
空はどんより曇り空、でも雨は降りそうにないので出発です。
風向きは午前中北風、ごごから南西の風という、また真逆の風。
今日のコースは小貝川南下コース。
先週は鬼怒川を南下したのですが、あまりいいコースではなかったので、
今日は小貝側を南下するコースをつくってみました。
小貝側を南下していき、6号線にぶちあたったら、東にハンドルを向けて牛久沼に。
牛久沼にぶちあたったら、谷田川沿いに北上してもどってくるコース。
今日も結構寒そうなので、先週と同じ装備で真冬モードです。
小貝側の途中までは、以前にサンデーライドミーティングでよく走ったコースです。
懐かしみながら走りました。
途中からは未知のコース、生まれて初めて走る道です。
昨日の雨で所々水たまりがあり、道全面の水たまりは、ちょっとびびってしまいます。
以前に浅いと思って通り抜けようとしたところ、車輪半分くらいまで水があり水没した苦い経験があります。
やはり小貝川も途中工事中のところがあり、土手沿いを走れません。
スタートして2時間、6号線まであと10km位ということろで、ハンドルを東へ。
今日はコドモ達と公園へ行く約束があるので、2時までには必ずもどらなければなりません。
後は次回のお楽しみということで帰路に。
これまた方位磁石頼みのコースどりです。
北東に進路をとり、あとはクルマの少ない景色の良さそうな道を選びながら進みます。
二本目の川にぶちあたり、これが予定していた谷田川と思い北上。
しかし、これ、帰ってきて軌跡をたどると、となりの西谷田川でした。
まあ、それでも、気持ちのいいコースを走れてたので、よしです。
この方位磁石頼りのコースどり、結構楽しいです。
今日のコースはかなり、よさそうなので、今後が楽しみです。
本日の走行距離:78km
帰宅時体重:58.7kg

帰ってから約束通り、コドモ達と公園へ。
鬼ごっこをやったのですが、小四のムスメには全く刃が立たず、
小二のムスメにやっと追いついていたという感じで、全く走れなくなっています。
歳とったと実感する瞬間ですね。

2018323113348.jpg201832311343.jpg1803222018323113424.jpg

 

3月20日

お休みですが、雨のためライド無しです。
ウォーキングを1時間ちょっとやりました。
前は、雨でライドができないとプールに泳ぎに行ったのですが、
最近はどうも、億劫になってしまいました。
同じレーンで人に気をつかって泳ぐのがダメなようです。
これも歳をとってきたせいか。
バイクだと、一人で自由に誰に気兼ねせず走り回れるんですよね。
老人になっていくと、我が儘度が上がっていくといわれていますが、
既にその兆候か。
嫌われない老人になるよう気を付けよう。

3月21日水曜日は定休日ですが、春分の日なので通常営業いたします。
その振替で3月22日木曜日お休みさせて頂きます。
お間違えの無いようよろしくお願いいたします。

2018321111847.png
 

3月19日

ジンセーの先輩である、敬ってやまないIさんから、またご注文です。
スラムレッドeタップへのコンポ載せ替えです。
最初はデュラエースというお話でしたが、
あらし物好きのIさんに、eタップをおすすめしました。
Iさん、大変研究熱心で、ご自身でもペダリングのやり方、フォームの作り方、バイクの性能向上について勉強されています。
105のピナレロ完成車、最初はご自身で感じてクランクを剛性のあるものに。
次にペダルとシューズを軽量ものに。
そうして、次はブレーキアーチを剛性のあるものにかえてきました。
すべてご自身が体験されて必要と感じたことです。
お仕事が大工さんといこともあり、いろりろ考えをめぐらせられるらしいです。
たしかに大工さんも、ここをこうして欲しいといわれると、
全くないものから、そのものを生まなければならないと言うお仕事。
思考回路が重要なお仕事ですよね。
Iさん,お仕事と同じようにバイクにも接しておられるようです。
ちなみに、同じスラムレッドeタップをご愛用のMさんは、もう七十歳になられる。
MさんもIさんと同じように、研究熱心。
ペダリングモニターも使われています。
お二人に共通なのは、新しいものに興味を持つ、興味を持ったら恐れずにアタックする!
さらに共通なのは、お二人とも髪の毛がふさふさしている!(うらやましい!!)。
この辺りが若さを保つ秘訣なのでしょうね。
ボクもお二人を見習って歳をとっていきたです。
Iさん、バッチリ組変えます!

2018319201955.jpg

先日コルナゴのドリームBステイを納車したIさんからメールをもらいました。
気に入って頂けたようです。
こういう言葉をもらえるのがこの仕事をしていて、一番うれしいですね!

--------------------------------
こんばんは。
今日、dream Bstay50㎞の初乗りをしてきました。
素人でも、乗り味の違いがわかりました。
MasterXlightとは違う、特にスタート時の軽さ、カーボンフォークの振動吸収の良さを感じました。
買って良かったです。あと、ポジションが良かったです。ありがとうございました。
時間が許す限りたくさん乗りたいです。
モチベーション上がりました。