職人マツナガ通信

3月27日

SさんのプロジェクトM、修理作業のラグパート作りです。
ヘッドチューブ、トップチューブ用ラグチューブ、ダウンチューブ用ラグチューブの元管をだします。
まずこれを、肉厚調整切削して、必要最小限な長さにカットです。
旋盤作業となります。
オーダーシートをだしてきて、何ミリの肉厚にしたのかを確認します。
ヘッドチューブは、肉厚0.9mmですね。
旋盤で0.9mmにそぎ落とします。
その後長さをカットします。
ラグパートです。
こちらは肉厚0.8mmとなっています。
こちらも、旋盤でそぎ落とし、接着に必要十分な長さにカットします。
これで旋盤作業は終わり。
お次はフライス盤で、ミーリング作業です。