職人マツナガ通信

7月23日

トーキョーのTさんのプロジェクトM、BBシェルの下ごしらえです。
以前BBシェルは、丸い筒状のものを使っていましたが、
最近ロストワックス製のクロモリチューブを差し込むタイプのものを、
加工して使う方法を開発しました。
ロストワックスのものを使うことにより、
より寸法精度があがるのと、仕上げがきれになります。
ロスワックスBBのダウンチューブとシートチューブがはいってくる、
フィンをフライス盤をつかって削り飛ばします。
ロストワックスBBが使えないかは、
かなり以前から考えていたのですが、
この加工がネックになってすすみませんでした。
ここへきて、さらに何とかならいかを考えて、
とりあえずダメ元でやってみたらできるようになりました。
ん~、なぜ以前からできなかったのか・・・・・。
まあ、これは何年も作ってきたノウハウの積み重ねでできたことであって、
以前の経験では思いつかなかったのかな。
さてこれで、ラグパートの下ごしらえは終了。
お次はいよいよ治具にのります!