職人マツナガ通信

12月6日

四国のMさんのフォーク、ベンド(曲げ)加工です。
ボクの場合、フォークブレードの曲げの外側になる方を、
バーナーでかなりあぶって、左右一本一本曲げていきます。
これ、左右で曲げ方が違ってしまうと、今までの作業はすべておじゃんに、かなり緊張します。
曲げる量は、ずばり勘です。
今回は、ストレートの段階で5mm位オフセットさせているので、曲げる量は43mmです。
ベンダーは、先曲げようと大きなアール曲げようと二種類あります。
曲げすぎると、戻すのはたいへんなので、少し浅めに曲げては、治具にはめて寸法を測定していきます。
まずは右側、加熱して、エイ、ヤ、っと曲げます。
お見事、今回は一発で、寸法がでました!!
次は左側です。
こちらも加熱して曲げていきます。
こちらも慎重に浅めにまげていき、三回目で右と同じ曲がり量になりました。
こんな感じの曲がりになりました、Mさん、いかがでしょうか。
ふ~、ここまでくれば、一安心です。
治具にのせて、ブリッヂ半径、オフセット量をあわせて、
フロントエンドがくる位置をカットして、割をいれます。
まずは、右側のエンドを仮付けします。