ホーム>職人マツナガ通信>2018年1月

2018年1月

1月30日

NさんのプロジェクトM、材料だしです。
昨日決めた部材をだしていきます。
いつも書きますが、実際に手でもってだしてみると、
よりそのフレームの剛性感が身にしみて分かってくるんですね。
ん~、OKですかね。
しかし、この材料だけをみるとなにができるのかわからないですね。
不思議ですね。
つくる度に思います。これが人を乗せて走るものになるなんて。
念のため、休み明けにもう一度確認はしてみます。
久々ですね、こんなに悩んで決めるのは。

昨日書いたHPの不調ですが、
管理会社から連絡があり、復旧には少し時間がかかるようです。
フェイスブックのページは少しの間ご不便をおかけいたします。
しかし、なにもやっていないのどうして何だろう?

2018129201051.jpg
 

1月28日

フェイスブック不調。
昨日から当店のフェイスブックのHPが、
最近の記事が全く載らなくなり、新規の更新もしなくなってしましった。
この辺りの管理は、管理会社に任せているので全くわからない。
そもそも、フェイスブックのHPが、通常のHPとどう違うのかも、
未だにあまりわかっていない、自分・・・・・・・。
インターネットが出始めた頃(1990年代の初めかな)、これは商売に役に立ちそうと、
即座に契約して、高い電話回線をつかって、
初めてインターネットを見たことを思い出します。
まだ、掲載されているHPも少なく、
何かを検索しても引っかかるのが数店舗という感じでした。
その後、自分で簡単なお店のHPをつくって、アップしました。
そんな感じで、新しい事には敏感だったのですが。
最近は、フェイスブック、ツィッター、インスタグラム、っと新しいSNSの手段が出てきていますが、
あまり積極的では、なくなってしまいました。
歳をとったせいもあるのでしょうが。
ケイタイもいまだにガラケーで、スマートフォン使っていないし。
もう、完全に老人化ですね。
2018129103928.png

1月27日

NさんのプロジェクトM、カーボンチューブをどのレベルの強度にしようかと悩んでいたところ。
ご本人ご来店。
で、聞いてみる。
長く乗って楽なのと、登りで踏んで進のと、どちらが好みですかね?
すると、やはり登りで踏んで進のがいいということ。
なので決定、40Tのノーマルサイズをダウンチューブに使います。
シートも40Tノーマル、トップチューブを40Tの薄肉チューブに。
シートステーは、14Φx0.5mm肉厚、チェーンステーは、22.2Φx0.7mm肉厚ということで。
一応これでまた少し寝かせて、その後確認します。

神奈川県の厚木のお客さんKさんからメールをもらいました。
今は寒すぎてバイクに刃乗る気がおこらず、
もう少し暖かくなったら始動するとのこと。
厚木とつくばの気温差を調べてみると。
つくばの方が2度位低い。
Kさん、つくばはもっとさぶいですよ!
昔、エキップアサダの浅田監督に聞いた話。
浅田監督がまだ現役時代、ベルギーに住んでいた時。
同僚のベルギー選手に聞いた話では、雪さえ積もってなければ練習にいくとのこと。
なので、あるとても寒い朝、練習にでかけた。
が、あまりの寒さに、すぐに引き返して帰ってきてしまった。
気温計をみてみると、マイナス5度!
その話を同僚のベルギー選手にはなすと、こんな寒い日には自転車なんて乗らないよ!
という返答だったとのこと。
さすがのヨーロッパ人もマイナスではバイクに乗らないらしい。
この時期、朝の5時、6時から乗るつくばのライダーはヨーロッパ人より寒さに強いか。
2018128104715.png

1月26日

NさんのプロジェクトMのチューブ配置です。
ここでも少し悩みます。
ダウンチューブを40Tのノーマルサイズでいくか、
80Tの薄肉チューブでいくか。
チューブ単体の曲げ、ねじれデーターを取り出してみます。
ねじれは、ほとんど同じだけれど、曲げに関しては40Tノーマルの方が曲がらない。ん
体重56kg、ブルベ600km・・・・・・。
どのレベルの剛性でいけばいいのか。
ギャはフロントアウターギャに44Tを使うというくらいなので、
踏むよりはまわすペダリングを多用する。
けれどブルベは山あり谷ありのコースもある。
いくら乗り心地がよくても、登りで踏んで進まなければ、やっぱり快適ではないですよね。
ん~、。悩むなぁ~。
想像する、想像する。
Nさんが乗ってペダリングしている姿を。
ひらめくまで待つ。

201812711314.png
 

1月25日

NさんのプロジェクトMの設計です。
少し寝かせておいた、寸法表を改めて確認します。
少し手直しして、OKです。
パソコン画面から、オーダーシートのフレーム図に各数字をうめていきます。
ここでフレームの絵と数字がアタマの中で一致してくるんですね。
そうして改めて確認です。
ご注文のポジションがとれつつ、
ブルベ用に直進安定性をよくしたフレーム設計ができました。
スローピングの度合いは、シートチューブにロングサイズのボトルが入るくらいというので、
ボクのバイクに実際に取り付けて決めます。
基本設計はこれでいいですね。
お次は部材の配置です。

今朝はものすごくさぶかったです。
どれくらいさぶいかというと。
今朝洗濯物を外に干したカミさんが、
ほんのそのすぐ後、洗濯物をみたら、バリバリに凍っていたそうです!
この冬の寒さは本物だ。

2018126105251.jpg

 

1月24日

さぶいですが、展示会でトーキョー詣でです。
なんと、六社重なっているので、スタッフサカマと手分けしてまわります。
ボクの一件目はシマノさんのテクニカルセミナー。
今回のメインテーマーは、STEPS(Shimano Total Electric Power System)。
シマノが開発したスポーツバイク用電動アシストバイクシステムです。
先ずこのシステムパーツ単体販売はありません。
必ず完成車にくっついてくるということです。
なので、ボクらのような小さな工房では電動アシストバイクは作れないということですね。
パーツのバラし、組つけをレクチャーしてくれました。
ちなみに、壇上で何百人を前にレクチャーをしてくたのは、困っちゃんこと、小松君でした。
小松君は高校生の時、当時ボクらがやっていた若手育成チームに参加してきて以来のつきあいで。
ずっとその成長をみてきました。
いや~、立派になったなぁ。
さて、二件目は、そのSTEPSを使ったミヤタのバイクの発表会です。
クロスバイクとMTBと各一車種の発表です。
クロスバイクは2月にリリース、MTBは4月にリリース予定とのこと。
ヨーロッパでは大ブレークをおこしているeバイク、
日本ではどうなるでしょうかね。
SBTMでは、ミヤタのeバイクを取り扱います。
ご興味の有る方はご来店下さい。

23日の火曜日は晴れましたが、前日の雪でライドは無し。
二週間間をあけてしまうと、また、また、増量しそう・・・・・・。
2018125114120.jpg2018125114138.jpg

1月22日

雪、雪、雪!。
つくばではお昼頃からちらつき始めた雪。
三時くらいまでは、あまり積もるようすもなかったのですが。
四時を過ぎる頃から、店前も真っ白くなり始めました。
予報では今夜は大雪。
もし帰られなくなったら、店に泊まるかなっとも考えていたのですが。
学校帰りのムスメが店に帰着。
一緒に帰らなければならないことに。
すると、家から電話で自宅の周りは、すでに雪で大変なことになっているとのこと。
歩いて駅まで出て、バスかタクシーで帰らなければならないか。
しかし、それも、多分すごい混んでいるいるだろうな、っと予想。
外をみると、まだ車が多く通るとおりはなんとか車で走れそう。
ということで、大急ぎで車で帰ることに決定!
時刻すでに5時。
店はスタッフサカマに任せて、車で出発。
できるだけ大通りを通って帰ります。
大通りといえども少し積もっているので、みんなノロノロ運転。
普段の三倍くらいの時間を掛けて無事帰宅。
えがった~。
2018123162844.png

1月21日

さぶいですが、今日もサンデーライドミーティング走ります!!
今日の先導役はボクです。
ぬくいお布団から這い出して、今日も走りました。
さぶくても、みなさんよく集まります。
スタート前、常連のIさんとお話ししていて、
ボク:「普通は自転車のる季節じゃないですよね」
Iさん:「でも、今の時期乗っておかないと春先苦しいからね」
っと、まさにその通り。
この冬の乗り込みが、春先からのシーズンの走りを決める!
ぼくもこの冬、ずっと乗り込んでいるのですが、春先から調子よくなるのか・・・・・。
今日もボクが普段使っている極上のコースを走りました。
ご夫妻で初参加のO夫妻。
結構楽しかったようで、これならムスメも大丈夫ということで。
次回はムスメさんも一緒のファミリーサイクリングとなりそうです。
G女史は、相変わらず本日も暑かったようで・・・・・・・。
さぶい冬ももう少し!
菜の花が咲きみだれる春が待ち遠しい!
2018122104053.jpg2018122104113.jpg
 

1月20日

Nさん設計。
NさんのプロジェクトM,ステムの角度のご指定がありました。
17度です。
17度、100mmmのステムをつけて、スペーサー10mm一枚入れたときに、
サドル高-ハンドル高落差が45mm、
になるように設計をしていきます。
直進安定性がいいように、ヘッドアンブル、オフセット、フロントセンタ-、
各数字をいろいろ試しに入れていきます。
いい感じにまとまってきました。
最終的に、これだ! という気持ちがすこしたりないようなので、
ここで少し寝かせます。
また、日をあたらめて、もう一度見直ししてみます。
201812018912.jpg
 

1月19日

厚木のMさん御来店!
前日にスタッフサカマが電話を受けた。
厚木のMさんがメンテナンスで御来店する予定だと。
えっ、Mさん。
もちろんMさんのことは覚えていました。
まだ、乗っておられたとは・・・・・。
Mさんとの出会いは,1999年です。
ボクがまだ厚木で仕事をしていたときです。
Mさんはご近所に住んでおられて、お店にちょくちょく顔をだしてくていました。
ボクより年配で、レースをやるでもなく、本格的なツーリングをやるでもなく、
ただ健康のためにバイクの乗るとのお話でした。
なので、ボクのオーダーバイクをご注文頂いたときは、少しビックリしました。
オーダーバイクは700Cのロードバイクですが、リアキャリアがとりつくようにつくった記憶があります。
そうしてその後ボクはつくばへ。
2006年11月、そのMさんより電話が入る。
事故でバイクを壊してしまったので、またつくって欲しいとのこと。
2007年プロジェクトMを製作して、遠方なのでトラック便で発送をしました。
その後、乗っておられるのかな、っとボクもたまに思い出してはいました。
そのMさんが、遠路はるばる、メンテナンスのためバイクを持ってつくばに来てくれたのです。
会うのはじつに18年ぶりくらいでしょうか。
お話をすると、Mさん、なんと78歳!ということ。
今も現役で仕事をしつつ、バイクも毎日最低でも30km位は乗るようにしいているとのこと!
ボクが56歳だというと、まだ、まだ、だと言われてしまいました。
ぼくの作ったバイクが、Mさんの健康を支えている一つということで、とてもウレシイです。
ぼくも78歳現役をめざして、頑張ります!

2018120105053.jpg